初心者におすすめなメンズファッションとそのポイント

恋愛においてファッションもすごく大事です。
あまりにダサい服装ですと第一印象の時点で
恋愛対象外にされてしまうからですね。

しかし、今までファッションに興味が無かった方だと
どんなファッションをしていいのか分からないと思います。

そこで、そんな初心者におすすめなメンズファッションと
そのポイントをまとめてみました。

スポンサードリンク


服装

まず、いきなり初心者がユニクロやジーンズメイトや
訳が分からないセレクトショップに飛び込んだとしても
決してファッションセンスは磨かれないでしょう。

メンズノンのなんて読みはじめたら
センスどころかもはや先にお金が尽きてしまいます(笑)

初心者といいますか、
どうも破綻しているケースでとても多いのが
「正当派着こなしを知らずして我流の分けが分からない着崩し」
です。

英国流のトラッドなど、きちっとした王道・正当派っぽい着こなしに
まずは挑戦してみましょう。

今手元に数万円あるのなら「バーバリー」
「ラルフローレン」のシャツ・セーター・パンツで決めてみましょう。

勇気をもってデパートとかに入ってる直営店で基本コーディネートを
店員さんにアドバイスしてもらってその場で買うといいですね。

バーバリーやらラルフやら…は別に女子高校生が
だぼだぼ着てるセーターメーカーではありません。

なぜ初心者こそ正当派きこなしにこだわるべきなのかと言うと、
それは「服のサイズ感覚」を身をもって感じて欲しいからです。

上で書いた、
「我流の分けが分からない着崩し」状態に陥ってる方のほとんどは
洋服のサイズを分かっていなからなんですね。

洋服は自分の身長とS/M/Lだけで決めるものでは無いです。
「実寸サイズ」をしっかり目視や手尺で確認して決めるのです。

シャツタックインとパンツの
着こなしを意識することで洋服のサイズ感覚でいえば
「着丈」「身丈」「肩幅」「身幅」といったことを嫌でも意識せざるを得ません。

これに対応するのは自分の座高や胸囲、ウエスト…ですね。
最終的に自分の身体に行きつきます。

ようするに、洋服選び以前に、
「自分の体型をしっかり理解すること」そのものなのです。

靴は洋服と同じくらい重要なものです。
「オシャレは足元から」と昔からよく言われていますね。

別に白いハイテクランニングシューズの
悪口をいうつもりは毛頭無いです。

ですが、今来ている服に合っているかどうかは常に意識すべきでしょう。
別に何足もそろえる必要はありませんが、
幅広く応用できる黒か茶の革靴は1.2足は買うべきだとおもいます。

革靴といってもスーツにも合うドレスシューズやビジネスシューズもありますが、
実用でいったら派手な装飾のない無難な皮製ウォーキング・タウンシューズで充分です。

無難とは言いましても、シンプルでおしゃれで丈夫でなおかつ1万円以内で買えるいいものは
靴のチェーン店でも沢山見つかりますのでとってもおすすめですね。

ところで革靴といえばお手入れが欠かせませんが、
おしゃれ初心者の方こそ、この「革靴の手入れ」という事を大切にしてほしいです。

決して時間がかかる作業でもありませんので、これを習慣的にしてしまえば、
今後のレザー製品(たとえばレザーブーツや皮ジャン)などへの理解の幅を
広げる事にも繋がるでしょう。

スポンサードリンク