声、喋り方を改善してコミュニケーション能力アップ!!

最近色々な方とスカイプでお話していたんですが、喋り方とか声がちょっとダメかなって方が多かったです。

声とか喋り方というのはコミュニケーションでは大事です。

もちろん話す内容も大事なのですが、まずは声、喋り方を改善していきましょう。

スポンサードリンク


何故、声や喋り方を改善する必要があるのか?

まず、ここからお話ししますね。

アメリカの心理学者アルバート・メラビアンが提唱した「メラビアンの法則」というものがあります。

これによると聴覚情報と言うのが約38%、約4割を占めています。

僕が前に務めていた時の話気づいたのですが、売れている営業マンというのは例外なく声がいいんです。

もちろん声だけが、売れている理由になっているわけではないんですが、声がいいと圧倒的に有利です。

なぜなら、声がいいと人は信頼感を感じて納得しやすくなるんです。

欧米の話ですが、欧米では政治家やビジネスマンには専属のボイストレーナーがいます。

ボイストレーニングをする為ですね。
このボイストレーニングはもちろん歌う為ではありません、コミュニケーションの為です。

欧米じゃ、声がビジネスの成功要因の1つであるという考え方が定着をしています。
以上の事から声が重要であるということが分かりますね。

良い声を出すためにはどうしたら?

1.口周りの筋肉を鍛える

声を出すのですから、当然筋肉が必要です。
良い声が出ない方はこの口周りの筋肉が弱い方が多いです。

口の周りをよく動かすようにして、口周りの筋肉を鍛えましょう。
「あ~い~う~」という感じに日ごろから口を動かし、口周りの筋肉を鍛えましょう。

2.発声方法を良くする

人間は整体を使って声を出しています
発声練習をする事で声を良くすることが出来ます。

時間があるときに『あ~い~う~え~お~』という感じで
発声練習をしていきましょう。

3.滑舌をよくする

滑舌がいい方が当然聞き取りやすいです。
滑舌を良くしていきましょう。

スピーチが上手い人の喋り方を参考にするといいですね。

僕はこの本についているボイストレーニングのCDで練習をしました。

まとめ

良い声がさせるようになると、自分に自信が出て話すのが楽になります。
聞いてる側もい声を聴いていると心地よくなって話を聞いてもらいやすくなります。

魅力的ないい声を手に入れてくださいね。

スポンサードリンク