ナンパに初挑戦してみました。

出会いの手段の1つであるナンパ。

今までナンパはチャラいイメージがあり、あんまりいい感じはしませんでした。
ですが、1か月ほど前、スーツ姿の男性がナンパをしている姿を目撃して考えが変わったのです。

色々と調べてみると、今は普通の男性でもナンパをしているそうで、
動画などをいろいろチェックして、
これなら僕のもできるのではないかと思い

ナンパに初挑戦してみたのです。

スポンサードリンク


ナンパに初挑戦した感想。

結論から言うと、1発目で成功してしまいました。
電話番号を聞くことが出来たのです。

自分でもビックリです。

ナンパって絶対無視されるものとばかり思っていましたので、
自分の常識が変わった気がしました。

こういう風に話をしてくれる女性もいるのですね。

ナンパ体験談

ナンパをした場所は僕が住んでいる駅の周辺です。
時間は夕方がいいという事なので、仕事終わりの夕方にしました。

服装は、なるべくシンプルなもので、生活感を意識したものです。

17時ごろ現場に到着
一定の場所留まっていると、不審者に見られそうでしたので、歩き回ることに。

さっそく大学生くらいの若い女性を見かけました。

が…全く話しかけることができませんでした。

身体が動かないです。
なんといいますか、脳が完全に話しかける事を拒否している状態です。

ナンパではこういう状態の事を地蔵というらしいですね。

すごくいいネーミングだと思います。

こういう時、自分に「大丈夫!大丈夫!」と言い聞かせて落ち着かせるのがいいと聞きました。
ですので、とにかく自分に対して、大丈夫!大丈夫!と言い聞かせて、心を落ち着かせていきました。

かれこれ1時間、話しかけることができないままウロウロしていた時でしょうか。
調度ジュースを買っている女性を見かけたのです。

ココで僕は「行こう!」と思い、思い切って話しかけました。

第一声が…
「これ選んでいる時が一番楽しいね!」

女性「う…うん!そうだね!」

会話が成立しましたので、すかさず会話を継続します。

僕「今日はとっても暑いですね!」

女性「ほんと暑いですよね、嫌になります」

上手く話が続きそうだったので、
共感と同意のテクニックで話を続け、
女性の電話番号とメールアドレスを聞くことができました。

外面は平常心を保っていましたが、
内心はガッツポーズをとっていましたね。

話しかけて連新先を聞くことが目的だったので、
この子とは連絡を取ることは内ですが、とっても嬉しかったです。

その後の女性では無視をされ続けましたが、成功した体験が
ネガティブな感情を打ち消してくれましたね。

まとめ

ナンパんなんて絶対成功しないものだと思っていましたので、
今回成功できたことにとても驚いでいます。

日ごろから見た目やコミュ力に力を入れてきた結果でしょうか。
コミュ症改善

非常に新鮮な体験でした。
また挑戦してみたいですね。

スポンサードリンク