非言語コミュニケーションを上手に使おう!

非言語コミュニケーションというのをご存知ですか?
コミュニケーションには通常の言語的コミュニケーションの他にも
言語的コミュニケーションというものがあります。

スポンサードリンク


非言語コミュニケーションとは?

皆さんの良く知っている
言語的コミュニケーション(verbal communication)は、
言葉を発したり、文字を書いたり読んだりなどをして行うコミュニケーションです。

対して非言語的コミュニケーション(nonverbal communication)は
身振りや手振りといった、言葉以外でのコミュニケーションの事です。

コミュニケーションの中では実は言語的コミュニケーションよりかは
非言語的コミュニケーションの方が大きな比率を持っています。

言語的コミュニケーションが4なのに対して
非言語的コミュニケーションは6です。

非言語的コミュニケーションはかなり重要なのです。

非言語的コミュニケーション

以下がそれにあたります。

・身振りや手振り…大きさや物の形、方向などを伝える。
しっかりとジェスチャーをして相手に分かりやすいように伝えよう。
・言葉の状態…言葉の丁寧さや声の強さ。
しっかりとハキハキ丁寧にしゃべる事。
・表情…喜怒哀楽がしっかりしている。
笑うときにはしっかりと笑う事、同意するときにはしっかりとうなずく
・姿勢¨会話中の姿勢で興味の程度が分かる。
興味がある話はしっかりと聞く姿勢を見せよう。
・外観…不潔では嫌な印象を与えてしまう。
清潔感があり、不快に思われないような見た目にする。
・視線…相手を顔を見て会話すれば、その話に興味があることを示せます。
相手の目をしっかりと見る事です。
・距離¨信頼しているほど距離が近くなる。
親しくないうちは近いと圧迫感を与えてしまい、遠いと不安感を与えてしまう。
距離感はしっかりと把握しておきましょう。
・タッチング¨相手に触る。相手が不安を感じているようなときにそっと肩に触れるなど。
相手が異性の場合は相手反応を見て慎重に行いましょう。
スポンサードリンク