引きこもりニートが社会復帰するために…

こんばんは、今回はこのブログのコンセプトとは少しズレるのですが、
引きこもりが社会復帰するためにはまず、
どうしたらいいのかについてお話します

スポンサードリンク


未来をイメージする。

まず、はじめに大事な事です。
自分の未来をイメージしてみましょう。
例えばあなたが現在20歳だとして、
30歳になった時、自分は一体どんな姿になっているんだろうといった事を。

10分くらい目をつぶって想像してみてください。

大体の場合はあまりいいイメージを浮かばないと思います。

ちなみに僕は「無職で、髪もボサボサ、童貞で誰も相手をしてくれていない
孤独な自分を思い浮かべました」

こういった最悪な自分の姿を思い浮かべる事で、
「けっしてこうはなりたくない」という思いが出て、
今後の人生のバネになると思います。

まずはこれだけでもかまいません。
未来の最悪な自分を思い浮かべてそれを反面教師にしてください。

行動する

次は実際に行動してみましょう。
行動するといっても何でもいいです。

ハローワークに行ってみるだとか
求人サイトを見るとか何でもかまいません。

とりあえず何でも行動してみる事です。
行動する事、これを繰り返していく事によって
それが習慣になっていくでしょう。

ただ結果が付いてこなくて途中で挫折してしまう事もあるでしょう。
そんな時はまた未来の最悪な自分を思い出しながら、少しずつ
行動していっていきましょう。

コミュニケーションを取ってみる

この社会で生活していくためにはコミュニケーションは欠かすことはできないです。

どんな仕事場で仕事をするにしても必ず、誰かとコミュニケーションを
取らなくてはいけません。

まずは、自分の身内とは関係ない相手、家族友人以外の相手を対象に
コミュニケーションを取ってみましょう。

コミュ症を改善しよう。改善する12のポイント!

まとめ

自分の最悪な未来を想像しながら、
それを反面教師にする、そして行動→最初に戻るを
繰り返していけばだんだんといい結果になっていくはずです。

そして普通に他人とコミュニケーションを取ることができるようになれば
自分にも自信が付いてきて何事も上手く行くように感じるでしょう。

動かない事にはなにも変わりません。
現状を変えたいと思うのでしたら、少しずつ自分を変えていきましょう。

スポンサードリンク